​病後児・体調不良児保育について

病後児保育とは病気は治っているものの、まだ本来の状態に戻っておらず、普通の保育を受けるのが厳しい回復期の子どもを保護者に変わって世話をするという意味で使われています

病後児・体調不良型保育事業とは、お子さまの病気の回復期(病後児保育)または登園前は元気だったお子さまが登園後、発熱や体調不良になった時の体調不良型の2つのタイプがあります。

​病後児保育

お子さんが病気にかかり、急性期をすぎて「回復期」※に入った時

病後児保育室で、その子の生活リズムや体調に合わせて、ゆったりと

過ごすことで無理なく体力を取り戻すことができる、こどもの立場に

立った保育です

※「回復期」・・・医療機関による入院加療の必要はないが、安静の

  確保に配慮する必要があり、集団生活が困難な状態をいいます。

≪病後児受入基準と回復期の考え方≫

1.風邪、消化不良(多症候性下痢)等、

  お子さんが日常かかる病気

2.感染性疾患(麻疹/風疹/水痘/インフルエンザ等)で

  かりつけの医師が感染の心配はないが保育園等の

  集団生活は難しいと判断したとき

3.喘息等の慢性疾患

4.熱傷等の外傷性の疾患

5.病気回復期であること

6.利用時体温38.0度未満

 

※発熱が38.0度を超え、朝からぐったりし、食事がとれない症状や、伝染性の初期(発病より3日以内)の時、利用当日症状がぶり返すなど再度受診が必要と思われる場合は、

お預かりできない場合があります。

 

●利用年齢   生後57日〜就学前までの児童

●利用日時  月曜日から土曜日

          午前8時30分から午後17時30分
            ※土曜日は予約のみ(祝日は休み)

●利用料金

・当園に在籍の児童   無料
・他園に在籍の児童 

        3時間まで利用¥600

        5時間まで利用¥1000

        8時間まで利用¥2000
 ※給食代300円(お弁当持参可能)

 ※アレルギー食対応不可
 ※ミルクは持参してください。

 

​●定員   1名

●持ち物

□与薬依頼書(薬がある方のみ)

□医師の処方した薬(*要記名)

□着替え2~3組

□手拭き用タオル1枚(紐付き)

□タオル2枚

□バスタオル2枚*かけ布団に足したり、シーツとしても代用

□食事用エプロンもしくはスタイ*0~1歳児

□汚れものを入れるビニル袋(スーパーのレジ袋等) 多め

□紙おむつ5~6枚ほど(症状により多め)・おしり拭き*使用中の子

□ミルク・哺乳瓶*ミルクは1回分ずつにわける(量を示す)

□お気に入りのぬいぐるみや玩具など*不安軽減の為必要であれば1,2個可

□お弁当・おやつ*持参される方のみ(食べられる量)

□水筒またはペットボトル*持参される方のみ(水・お茶など)

□コップ、はし・スプーン・フォークセット*食事、おやつ持参の方のみ

※持ち物には必ずご記名ください。

※お子様の月齢や年齢に沿った持ち物をご持参ください。

●利用手続について

予約制になっています。事前にお電話下さい。

電話 099-297-5788

●お預かりについて

預かりできるかは最終的に病状によって決まります。
当日、お子様の状況によっては預かれない場合もあります。
なお、お預かりしている時間はいつでもほいくえんと連絡

がとれるようにお願い致します

​体調不良児保育

通常と変わらず食欲、活気もあり、発熱等もなく登園してきたお子様が保育中に発熱、下痢、嘔吐等で体調不良になりお迎えを要請したが、保護者の勤務の都合上すぐに対応すること事が困難な場合、お子様の症状に対応し保育、看護するものです。

 

≪利用方法≫

1 対象 : 在園児

2 利用 : 体調不良児対応型保育の利用希望票提出してるお子様                          

3 利用日: 月曜日~土曜日 ※土曜日は要予約(祝日は休み)

         (日曜日・祝日・年末年始は除く)

  利用時間:8時30分~17時30分

4 対象となる症状

   感冒、感冒様症候群(発熱、咳嗽、喘鳴、下痢、嘔吐等)

 

※前日、発熱等で欠席、早退した場合、当日の朝の検温時高めの場合、

 薬を服用している場合、感染症が疑われる場合は対象外となります。

 

5 その他: 看護師が体調不良児の保育に専念します。

※体調が悪化した場合は保護者様に連絡を入れます。

※症状がひどいと判断した場合は、お迎えをお願いする事が

  あります。

 

利用料金:無料

保育中に子どもが発熱。

仕事があってすぐにお迎えにいけないけれど、どうしよう...

 

そのような時は園にて対応しますのでご安心ください

-お預かりできない具体例-

 

例)昨日37.5度の発熱があり、今日朝37.9の発熱がある。

答)この場合は回復期とは言えず体調が悪化していると考えられる

  ため、お預かりできません。

 

例)昨日38.7度の発熱はあり、解熱剤を使用し今朝37.0度

  なった。

答)この場合は解熱剤で下げているため回復したとは

  考えられないため、お預かりできません。

 

例)昨日から、食事・水分が十分取れず、ぐったりしている

答) 急変する可能性があるので、お預かりできません

熱があっても元気なお子様もいらっしゃるように、発熱の症状は

さまざまです。お預りが可能な場合もございますので一度お電話

にてお問合せ下さい